Soweto Gospel Choir

Click to enlarge

ファンクラブメンバー募集!

ファンクラブを設立しました。

入会希望の方はこちらのページからご応募ください。
http://sowetofanclubjapan.dtiblog.com/blog-category-3.html


ご意見・ご感想などございましたら、
お気軽に下記アドレスまでご連絡ください。

ウェブサイトの管理・運営: ソウェト・ゴスペル・クワイア・ファンクラブ

管理人:  井筒 省吾

副管理人: グレース・しんかい

e-mail: sowetofanclubjapan@gmail.com

Click to enlarge Click to enlarge
Click to enlarge
Click to enlarge

Thank You!

この度は、ソウェト・ゴスペル・クワイアの日本語版ウェブサイトにお立ち寄りくださいまして、ありがとうございます。

2007年2月14日に、アメリカのグラミー賞受賞者リストの中からソウェト・ゴスペル・クワイアの名前を発見し、公式ホームページを探して、初めて彼らの歌声を聴いた時の感動はいまだに忘れられません。早速、東京中の大きなCD屋さんに、彼らのCDが売られているのかどうかチェックしに行きましたが、当時はまだどこにも無く、店員さんも誰一人として彼らのことを知らない様子でした。世界では大絶賛され、コンサートチケットはどこの会場も完売、最後は必ずスタンディングオベイションの大喝采を受けるソウェト・ゴスペル・クワイアが、日本ではどうして知られていないのだろう?

よし、それなら自分から情報を発信してみよう!と思い立ったのが、このホームページを作るに至ったきっかけです。

そして、このクワイアの美しいハーモニーと、魂を揺さぶるゴスペルの力を、日本でもより多くの人たちに感じていただきたく、このウェブサイト設立プロジェクトを発足させました。



これまでの経緯としましては、まず、Mixiの中にコミュニティを作りました。コミュニティを通して、初めてソウェト・ゴスペル・クワイアを知り、聴いて下さった方から「感動しました!」という感想をいただいた時は、大いに励まされました。2007年3月には、ソウェト・ゴスペル・クワイアのエージェントに連絡をとって、このクワイアを日本で広めたい強い気持ちと、日本語版ウェブサイトを作成したい意向を伝えました。ありがたいことに、快諾をいただきました。

アイディアはあるもののウェブサイトを作る技術がないので、なかなかプロジェクトは進みませんでしたが、でも粘り強く思い続けて、最終的には、プロのウェブサイト制作会社の協力を得てめでたく開設の運びとなりました。


ここまで支えてくださったみなさま、本当にありがとうございました!


まずはソウェト・ゴスペル・クワイアのプロデューサー、クワイア・メンバー、スタッフその他、全ての関係者に、御礼申しあげます。何よりもこの素晴らしいクワイアの存在に、心より感謝いたします。そして、このウェブサイト作成に賛同し、プロデューサーの承諾を取り付けてくださったエージェントのMargotさんとMikkiさんのご協力にも深く感謝します。

また、Mixiのコミュニティ設立当初からコミュニティの副管理人として、またこのウェブサイトのライナーノーツを始めとするたくさんの原稿の執筆者として、このウェブサイト設立に向けて多大なるご支援をくださったグレース・しんかいさん、海外で実際に彼らのコンサートに行かれてその貴重な感想をお寄せ下さったhanaさんと檸檬xxxさん、またジャンベについての文章を書いてくださったjujuさん、アフリカについてたくさんのことを教えて下さったルミコさん、そしてこのウェブサイト設立を待ち望みずっと応援してくださったファンの皆様に、心から感謝いたします。ありがとうございました。

そして、このウェブサイトのアイディアをヴィジュアル化し、僕たちの夢を叶えてくれたMarchForth International のパブロとヨハンには、感謝してもしきれないくらい、感謝しています。

最後に、僕のこのわがままを許してくれ、陰ながら支えてくれた女房とこどもたちに感謝します。ありがとう!


このウェブサイトが、ソウェト・ゴスペル・クワイアの素晴らしさをより多くの人たちに伝え、また同時に南アフリカを始めとするアフリカ諸国のバラエティに富んだ豊かな文化や、アフリカの人たちのおおらかで優しい人間性を紹介する役目を果たせますように!

また、今、現実に起こっているエイズやその他疫病の問題、医療の問題、貧困や飢餓の問題、治安の問題、民族対立の問題など、アフリカ諸国が抱える様々な問題に対する関心を呼び起こすきっかけとなりますよう、心から祈願しております!

愛の究極のかたちは赦すことだと言った人がいます。ゆるせない相手を赦し、受け入れられない相手を受け入れ、自分と同じ尊い命として相手を(心からでなくても、行動によって)愛そうとする。私たちには想像を絶する努力によって南アフリカの人たちは、アパルトヘイトという歴史を乗り越えようとしてきました。そのアパルトヘイトの中心部であったソウェトで誕生した、このソウェト・ゴスペル・クワイアは、愛と赦しによってのみもたらされる人間同士の真の調和を、声と息吹と魂のハーモニーによって表現し、世界へと発信しています。

天から与えられた彼らの歌声が、アパルトヘイトを生き抜いたアフリカの魂が、どうかたくさんの人たちに大きな喜びと豊かな祝福をもたらしますように!


2008年 3月 7日



管理人  井筒 省吾