Soweto Gospel Choir

チャリティー活動

Charity
Charity
Charity
Charity

2003年、ソウェト・ゴスペル・クワイアは、Nkosi's Haven Vukani 
(コシス・ヘイヴン・ヴカニ http://www.nkosishaven.co.za/)という
エイズ孤児のための基金を設立しました。

南アフリカにおける病気や貧困に苦しむ子どもたちの窮状を改善することを
第一に考え、この基金では、政府から全くかあるいはほとんど支援を受けていない家族や施設のサポートを行っております。

コンサートツアーを通して、クワイアのメンバーたちは世界各国で、「エイズで親を失くした孤児たちの窮状について」の認識と、この子どもたちへの関心を促し、その結果、すべてのコンサートにおいてお客さまが豊かな心で、この基金に献金をしてくださいました。みなさまから頂きましたこのチャリティ基金は、貴重な支援物資や支援活動へ充てられ、ソウェトのコミュニティで暮らす幼い子どもたちに希望を与え続けています。

2007年12月の時点で、コシス・ヘイヴン基金は、日本円にして総額約8500万円の基金を集めることができました。

また、グッズや商品の売り上げから上がってくるコミッションを、この基金に寄付してくださったコンサート会場にも御礼を申しあげます。

この基金の2006年度の活動記録(英語)が、こちらに記載されております。
http://www.sowetogospelchoir.com/VUKANI%20report.pdf

実際の寄付をご希望の方は、コシス・ヘイヴン公式ホームページhttp://www.nkosishaven.co.za/の右上の赤いリボンをクリックしていただくと、オンライン送金ができるページがございますのでご覧ください。
(クレジットカードによる決済になります)



南アフリカにおけるエイズの状況


南アフリカの厚生省によると、現在、南アフリカでは、一日に約700人もの
人たちがエイズによって亡くなっています。エイズ問題がどれくらい深刻なのかは、以下の予測統計が示していますのでご覧ください。

  • ・現在、約480万人の南アフリカ人がHIVに感染


  • ・南アフリカでは、1999年に約25万人の人々がエイズによって亡くなった。


  • ・2010年までに、成人におけるHIV感染率は、1999年の11%から更に伸びて
    25%にも達する見込みである。


  • ・1998年に南アフリカには10万人に及ぶエイズ孤児がいたとされるが、
    現在は約42万人といわれている。


  • ・2015年までに南アフリカでは440万人の人々がエイズの犠牲となるだろう。


  • ・毎日約1700人~1900人の南アフリカ人がHIVに感染し、
    その2/3にあたる感染者は15歳~20歳であるといわれている。
    (2000年12月の世界保険機構と疫病対策センターによって発表された数字)